公務員予備校って何?

公務員予備校って何?

スポンサードリンク

公務員予備校のメリット・デメリット

公務員試験対策として多くの受験生が活用しているのが公務員予備校です。

 

公務員予備校とは公務員・警察官・消防士などの試験対策の専門的な講座を設置している学校(スクール)のことを言います。

 

専門学校に比べて費用が安く、1年間で入会できるチャンスが多いのが特徴的です。専門学校の場合、体育祭や文化祭など公務員試験対策以外の学校行事がありますが、公務員予備校は基本的に試験対策に集中したカリキュラムになっています。

 

高校生・大学生が現役で合格を目指すために活用するケース、既卒者・社会人が活用するケースも多いです。兎に角公務員試験に合格したい方に向いています。

 

公務員試験を独学で合格するのは難しい?

 

はい。非常に難しいと思います。

 

公務員を目指す学生・社会人で公務員予備校を活用している方が多いのが現状です。皆さんが予備校・通信講座を利用する目的は1つです。”公務員試験に合格するため”

 

公務員予備校には独学では手に入らない合格するためのノウハウがたくさんありますので、教養試験・専門試験対策の効率性アップや面接対策・論作文の添削サポートを受けることができます。

 

さらに言うと講師たちは受講生を合格させることが仕事です。予備校の生徒の合格率が低いと信用性に欠けてしまいますので、必死に受験生をサポートしてくれるはずです。

 

公務員試験は範囲が広く、独学では的を絞った学習をするのは難しいと言えます。予備校に通うか、通信講座を利用する方がメリットは多いはずです。逆にデメリットは費用面以外はほとんどないはずです。

 

但し、公務員試験のノウハウを持っている人、勉強方法に自信がある方で1人で合格できる自信があるのであれば、わざわざ予備校に通って高い費用を払う必要は無いでしょう。

 

まずは、自分に実力を確認するために公務員模試を受けてみるのも1つの手です。

スポンサードリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ